道具の手入れは大変。でも楽しい。

 

乗馬用の道具は本当にたくさんあります。

 

ひとつひとつの道具を手入れすると、相当の時間がかかります。

乗馬クラブのスタッフの方々には頭が下がります。

 

今回は、自分が使う乗馬の道具について考えてみました。

 

 

 

乗馬クラブの会員さん同士の会話には、

時々、手入れのことについて話題になります。

145さし絵スタジオ1

鞍の手入れはどのくらいの間隔でやっているの?

毎回は、面倒よね。とか、

 

あの人の乗馬ブーツはいつもぴかぴかね。

奥さんがいつも磨いているのよ。

プリント

なあんて。

 

 

 

かに道具の手入れは大変ですが、考え方によって、

手入れの時間を楽しい時間にできると思うのです。

 

 

 

 

僕は、かなりのめんどくさがり屋です。

よくヨメから「ずぼら」だと注意されるのですが、

 

乗馬道具の手入れだけは、毎回楽しくせっせと出来ています。

 

 

 

答えは簡単です。

手入れを好きになればよいのです。

 

よごれているものが、きれいになると、

なにしろ気持ちが良いし、気分が良くなります。

 

そして、道具がきれいなまま、長持ちするのです。

こんなに良いことはありません。

 

 

 

乗馬では、特に革製品を多く使っているので、

革製品は手入れによって、革が柔らかくなって

使用感がとても良くなるのです。

 

 

 

ブーツなんかはどんどん足になじむというか、

フィット感が日ごとに良くなってくるのです。

 

 

 

そうやって、ひとつひとつの物に対する愛着がわいてくるのです。

 

もっと大切に使おうという気持ちになってくるのです。

 

 

 

 

以前にも乗馬の楽しさを、

鉄道が好きな人に例えてお伝えしました。

鉄道好きには、乗り鉄、撮り鉄なんかが有名ですよね。

 

乗馬好きには、乗るのはもちろん、写真を撮ったり、

動画を撮ったりしますが、乗る前から楽しみがあるのです。

 

馬ににんじんなどのおやつ(これはオプションです)や

水分を与えたり、

乗る前の準備があります。

 

馬を馬房から出してくると、まず、ブラシングから始まります。

一通りきれいになると、ゼッケンや鞍などを馬に装備します。

この装備もまた楽しいんです。

 

馬の脚のプロテクターや脚巻きなどを装着することがあります。

 

そして、手綱やハミを装着します。

ひとつひとつの装備をしっかりして、やっと騎乗になるのです。

 

 

乗った後の手入れや、道具の後始末に道具の手入れもあります。

 

 

道具の手入れが好きになれば、

楽しい時間がどんどん増えてきます。

 

乗馬の楽しみは、乗っている時だけではなく、

乗る前も、乗った後も楽しみがあるところがいいなあと

僕は強く思うのです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ