反抗を推進にかえる

 

最近のレッスンはちょっとだけハードになってきたように思うのです。

0-99

というよりも、体力が衰えてきたのです。きっと。

 

 

毎回車で乗馬クラブへ向かっている途中は

「今日は馬とフレンドリーに、楽しく乗るぞ!」

という感じでルンルン気分です。

 

しかし、

 

実際にレッスンになると、

最初、馬はワガママはするわ、反抗はするわ、

動いてくれないとダメよん・・・となってくるのです。

 

馬は乗り手の力量を計ってくるのです。

どこまでさぼってわがままができるのか。

うーむ。賢い馬だ。

つかれたべさ

インストラクターによると、

そこでの対応が肝心なんだそうです。

 

お互いの幸せのために、それは違うということを

知らせなければならないのです。

 

 

しっかりするときは、しっかりさせること。

休憩の時は、しっかりと休憩の態勢を取って

馬にリラックスしてもらうこと。

 

こういったメリハリをつけることが肝心のようです。

 

とは言っても、相手は生き物ですから

いろんなイレギュラーがあるのです。

 

このイレギュラーを未然に防いで推進させること。

これが今日のポイントで、ここをしっかりと

イレギュラーを推進に変えていくことが大切なのです。

0-82

そうなってくると、

「楽しくほんわか乗馬」どころの騒ぎじゃなくなるのです。

 

脚、膝、騎座、脇、肘、拳、それぞれに気を配り、

バランスよく、しかもこれを継続していかなければなりません。

0-92

 

いやあ。おじさんは充分にやっているぞ。

ただ、体が動かなくなってきているのだ。

そういうことにしとこ。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ