馬が合う、以上のもの。

どの乗馬クラブにも、1頭1頭の馬にはそれそれファンがついている

と、僕は思うのです。

GUM09_CL02407

なぜ、その馬が好きなのかというと、

十人十色の答えが返ってくると思いますが、

理屈抜きに「好きなものは、好き!」という方も

多いのではないかと思うのです。

 

 

最初の頃、次のタイトルで何度か書きました。

「ある馬との特別な出会い」

 

この初めての出会いで、ヨメはあんずに対して

ピンと感じるものがあったのが、そもそもの始まりなのです。

009

 

 

合コンの『告白タイム』で

「第一印象から決めていました」

というのと似ていると思うのですが、いかがでしょう?

あ、似てないっすか。ども。失礼。

 

 

あんずとヨメは、良きパートナーというか、それ以上のキズナがあるのです。

本当に本当に、不思議な縁があるのです。詳細はこちらから

010

出会いを求めてお近くの乗馬クラブを訪ねてみてはいかがでしょうか。

馬は、とても温かい存在です。

そして、決して裏切らない動物です。

目を見てください。どの馬もきれいな目をしています。

047

 

どうか、愛される馬が1頭でも増えますように。

どうか、一生を豊かに送れる馬が1頭でも増えますように。

どうか、乗馬を楽しむ人が一人でも増えますように。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ