偶然発見したあんず誕生の牧場

1196157921n6luO6

あんずの母の名前は「メーガン」さんです。

(上のリンクは超若いころのあんずです2006/10/30のブログ)

メーガンさんの、元々の名前は「モミジ」さんです。

 

あんずが生まれた牧場ではあんずは生後すぐに

「照葉(てるは)」という名前がつけられました。

なぜ名前がわかったかということが、今日の内容です。

 

1202052921jVvqAn

 

 

日高ケンタッキー・ファームが閉鎖になり、

あんずの消息を探し始めた頃

あんずとその母、メーガンちゃんのブログを発見しました。(2006年10月29日分)

 

そこには、あんずとメーガンの写真アルバムもありました。

僕は、その中のあんずとハナクロに乗ったことがあります。

 

2008年8月北海道 075

<前があんず、後ろがハナクロ>

 

メーガンのサイトを見ると、お腹の左下に白い斑点のようなマークがあります。

あんずにもお腹の同じ場所に、かすかに白い斑点があります。

 

そして、あんずにはお姉さんの智美(ともみ)ちゃんがいます。

P1070352

ともちゃんのお腹には、右下の部分に白い斑点があります。

親子、姉妹でお腹の同じような部分に白い斑点があるのは

偶然とは考えられないですよね。

 

 

あんずの誕生の詳細が分かったのは、上の智美ちゃんの写真を撮った

2011年9月22日のことです。

 

北海道の日高に牧場めぐりと外乗に行った時に

偶然行った牧場にいたのです。  【新冠町にある、遊馬ランド・グラスホッパー】

 

そこのオーナーさんは獣医さんで、とても気さくな方でした。

ケンタッキー・ファームでのことや、ある馬を探していたこと。

そして、今は毎週ヨメがその馬に乗っていることなどをお話ししました。

 

すると、そのオーナーさんは、

「その馬の名前は?」

と、聞かれたのでヨメがすぐに

「あんずです」と言いました。

 

そう言うと、間髪入れずにオーナーさんは、さりげなく言いました。

「うちの子ですね」と。

 

そう言って、あんずの子どもの頃に撮った写真や、

外乗の記事として、写真が掲載された新聞を見せてくださいました。

 

僕とヨメは、もう感激するやらびっくりするやらで、

詳しい様子は、あまり覚えていないのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

あんずの母、メーガンを種付けしたKさん、

あんずをとりあげてくださった獣医のAさん。

お世話になった、日高ケンタッキー・ファームのスタッフの方々。

そして、日高ケンタッキー・ファームの清算事業にかかわった方々。

あんずを引き取ってくださったKさん。

さらに、関西に引き取ってくださったMさん。

現在の乗馬クラブのスタッフの方々。

 

とても多くの方々にお世話になった、幸せな馬だと思うのです。

多くの皆様に感謝のこころをお伝えしたいです。

 

 

以前、絵本で『100万回生きたネコ』を読んだことを思い出しました。

 

人の一生もそうですが、馬も、ネコも、いのちあるものは

たくさんのかかわりを受けて、生きているのですね。

 

 

いのちは大切にしなければ。

馬が教えてくれました。

 

 

 

・・・そんな出来事もあって、僕たち夫婦とあんずとの絆は、

よりいっそう深くなっていったのです。

4 Responses to “偶然発見したあんず誕生の牧場”

  1. やまおく より:

    はじめまして。やまおくと申します。
    あんずちゃん、僕も一度騎乗したことがあります。
    当時、日高ケンタッキーの乗馬施設の責任者が僕の元部下(現在は美瑛でクラブを始めたG氏)で一度スタッフの指導とお手伝いでケンタッキーに招かれた時でした。
    元気そうで何よりですね!

    • どさんこP より:

      やまおくさま 初めまして。こんにちは。

      ベテランの方からのコメント、とても恐縮していますが、
      本当にうれしく思いました。ありがとうございます。
      馬は人と人をつなぐのですね。

      乗馬クラブのブログ、拝見させていただきました。
      お加減はいかがでしょうか。お見舞い申し上げます。

      あんずは今、京都府の乗馬クラブで大活躍しています。
      ベテラン練習馬として、障がい者も中級者も乗せてくれています。

      京都の夏の暑さは、あんずにはこたえるようで、
      あんずは一番汗をかいています。

      馬嫌いなところは昔と変わっていないようです。

      1頭の馬との出会いが多くの人の人生を変えていることを
      たくさんごらんになっていることと思います。

      これからのご活躍を、こころよりお祈り申し上げます。

  2. ごまぴょん より:

    はじめまして。この7月から乗馬をはじめたばかりの超初心者です。
    馬の魅力にすっかりはまって、今、先輩方のブログを拝見させていただいているのですが、
    偶然たどり着いたこのブログの記事を読んで感動し、朝から泣いてしまいました。^^;
    素敵な話ですね。
    あんずちゃんみたいな運命の馬と私も出会ってみたい、と心から思いました。
    夫婦で乗られているところも素敵ですね。
    ダンナのゴルフと私の乗馬とで車の使用権をめぐりケンカばかりしている我が家に
    ちょびっと爪のアカを分けて分けてくださいまし。^^;
    今後ともアップを楽しみにしております。

  3. どさんこP より:

    こまぴょんさま、初めまして。こんにちは。

    とても楽しいブログを拝見させていただきました。
    ぐいぐい引き込まれる文章は、とても上手ですね。
    椎名誠とあやしい探検隊の人たちの文章を思い出しました。

    伝えようとしていることを、素直に表現できる筆力が魅力ですね。
    僕は文系だったのですが、なかなかうまく表現できないです。

    自分のお気に入りの馬とは、必ずめぐり合うと思います。
    「馬が合う」という言葉通り、期待されていて良いかと思いますよ。

    ウチも馬ビンボーで困っています。
    消費税上がる前に、騎乗券を大量に買い占めたいという思いが…
    でも、それさえも先立つものが…

    毎日の積み重ねが、不可能と思っていたことができるようになります。
    ヨメは、軽速歩もできないのに「オリンピック目指す!」と宣言したのです。

    でも、しばらくすると、無難にできるようになるのが不思議なところです。
    若い人には抜かされますが、その分、基礎をしっかりやれることを
    しめしめと思っています^^

    ご活躍を応援します。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ