もう何年も前のことですが

「愛の強さ」について

何かに書かれていたことを思い出しました。

039

 

 

 

愛の強さで一番強いのが

犬と飼い主との愛で、

飼い主がどんなことをしても

犬は尻尾を振って飼い主に答えようとします。

 

 

次に強い愛が

親子の愛なんだそうです。

親の愛に子どもは答えようとします。

 

 

 

 

夫婦の愛は…

というと

かなり後ろの方に来るのだそうです。

 

 

 

 

 

なんとなく分かるよな気もします。

なるほどなあと思った記憶があります。

 

 

 

 

 

 

 

乗馬に行く日

ヨメは普段よりも少し早起きして

あんずが食べやすいように

リンゴとニンジンを切り分けます。

 

 

 

ヨメがあんずに対する愛も

上位に入ると思います。

 

 

 

 

 

親子の愛のように

あんずとヨメの関係が見えてくる時もあります。

 

 

 

親が子どもを思う気持ちは

本当に強いものがあります。

ヨメにもあんずに対する

強いものをボクは感じるのです。

011-crop

 

 

 

あんずにとっての

ヨメを思う気持ちは計り知れないのですが

 

美味しいニンジンを時々持ってきてくれる人

と思っているのかも知れないし、

 

いつも大切に接してくれる大切な人

と思っているのかも知れないし、

 

自分が甘えられるただ一人の人

と意識しているのかもしれません。

 

 

 

 

それよりもなによりも

愛することができること、

愛されることができることが

大事なように思えてきます。

 

 

 

見返りを求めることのない

「無償の愛」が

一番強いものだと思うのです。

 

 

 

それを教えてくれたのが

あんず。

 

hidakaログハウスキャプチャ