普段からボクは

ヨメには頭が上がらないのですが、

あんずに関して、ヨメは本当に一生懸命で

頭が下がります。

 

 

 

 

朝一番に乗馬クラブに到着するとすぐに

あんずの馬房へ行き、

リンゴと水分を与えます。

007

 

 

ボロが目立つとボロ取りを始めます。

あんずを思う気持ちには圧倒されます。

002

 

 

そして、

他の子たちへおやつのニンジンを配ります。

ちょうどみんな朝飼い前なので大喜びです。

026

 

そうこうしているうちに

レッスンの時間が近づいてくると

馬房からあんずを洗い場に連れてきます。

021

 

馬出しから馬装までちゃんとしなければ

気がすまないのです。

014

 

 

レッスンの後も

馬装をはずして手入れをして

馬房へ戻します。

 

 

 

以前に所属していた大手のクラブでも

馬を出してきて、レッスン後は馬を

馬房へ戻すことはしていたのですが、

今はもっとたくさんの関わりを持つことができるのです。

 

 

 

 

その他に、ヨメは毎回

あんずの飼い葉桶を洗ったりします。

007

 

 

あんずを愛する気持ちは

誰にも負けません。

 

 

 

 

タオルもあんず専用のものを

用意して使っています。

012

 

 

あんずはこのタオルが気持ちがイイらしく

気に入っているようです。

 

 

 

 

 

あんずへのとっておきがこれです。

あんずのレッスンが終わって

馬房へ帰ると、

きれいになった飼い葉桶の中には

ハートの形がしたニンジンや

お花の形がしたニンジンが入っています。

037

 

 

 

あんずはレッスンから戻ると

「母ちゃんからだ!」と

よろこんでいると思うのです。

 

 

 

 

 

あんずと出会って

もう13年になります。

 

僕たち夫婦の人生にとっては

なくてはならない存在のあんずです。

 

 

これからも元気で長生きしてほしいです。

 

 

幸いに、良い乗馬クラブに預けられていて

スタッフの皆様も馬を大切にしてくださる

誠実な方ばかりで、本当に感謝しています。

 

 

あんずは本当に幸せ者だと思っています。

 

いつまでもしっかりと関わっていたいと思っています。