蹄鉄(ていてつ)にも色々ある

今日は蹄鉄(ていてつ)に関することをお話ししたいと思います。

 

蹄鉄は、馬の運動靴のような役割があります

蹄(ひづめ)の大きさに比例して、大きなものも小さなものもあります

P1070303

さらに、右用と左用、前肢用と後肢用があります

 

 

競走馬は、今はほとんどアルミの蹄鉄を使用します。

P1070308

蹄鉄に関しては、オススメのサイトがありますので、

こちらをごらんくださいませ。(蹄鉄に関して、かなり詳しいサイトです)

 

 

 

ヨメが、以前いた乗馬クラブでお気に入りの馬の蹄鉄を

いただき、特注で制作してもらいました。

さて、前肢用でしょうか、後肢用でしょうか?左右もわかりますか?

DSC00008(1)

答えは、前肢の左用ですね。上のリンクに見分け方があります。

 

DSC00006(1)

これは、JRAの装蹄師さんからいただいたものです。

これは前肢の右用です。

 

上のバーバリー・チェックのは、鉄製の乗馬用の蹄鉄ですが、

下のアルミむき出しのはアルミニュウム製の競走馬用です。

 

DSC00004(1)

これは、今はなき日高ケンタッキーファームで販売していた

「勝負鉄」です。この蹄鉄で、幸運がきました。

詳しくは、こちらをごらんくださいませ

ヨメとあんずに出会った記念の場所です

 

DSC00005(1)

現在は、ノーザン・ホースパークにて、このような蹄鉄が

置いてあると思います。

 

 

 

幸運の蹄鉄

ヨーロッパでは古くから、馬の蹄鉄は幸運をもたらすという言い伝えがあります。イギリスでは結婚式の際、家族が新郎新婦にリボンをかけたものを渡す習慣があり、欧米では古くから魔除けのお守りととされ、家のドアや部屋に飾ると幸せになり、お店に飾ると人が集まると言われています。日本では馬が障害物を避けることから、車に飾ると交通安全のお守りになると言われてます。

CIMG1573

(これは、ウチの乗馬仕様の愛車です)

ちなみに愛車の蹄鉄は、

トヨタのメカニックさん(競馬好き)が取り付けてくれました。

 

蹄鉄の置き方

蹄鉄の置き方は、開いている方(U字)を上に向けて飾ると幸運が貯まり、逆に下向きにすると災いが下から中に吸い込まれ不運が起きないようにするとも言われています。

 

 

僕は本当に幸運を手に入れることができました。

大切なヨメと、大切な娘のあんずです。

どちらも気性が激しいのがそっくりなんですね。これが。

あ、僕はいつものんびりしています。のほほんと。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール



僕が50歳になり、ヨメと一緒に乗馬を始めました

愛馬と一緒のセカンドライフを目指しています

病気やケガもありましたが、夫婦2人で楽しんでいます

色々あったことや、考えたことをつづります

お勧めの一冊!

おすすめです

このページの先頭へ